購入記3:RVランドでバンテックのZILシリーズを検討してみた

輸入車の洗練されたデザイン性に、すっかり虜になってしまったunknownではありますが、キャンピングカーを取り巻くさまざまな国内事情を考慮すると、当然ですが、国産車には多分にアドバンテージがあります。入り口が輸入車であっても、ここはフラットに、車種選びをしていきたいと、思うようになってきました。(*´∀`∩)

お盆時期となる8/15。嫁を連れて、茨城のRVランドさんへ訪問してきました。
子供2人が、学習塾のサマーキャンプに行っていることもあり、ゆっくりと見学できるチャンスでもあります。ヾ( ゚∀゚)ノ゙

既に、先日のキャンピングカーショーで、メジャーなビルダーの車種は、ひと通りチェックしていたので、その内、最も気になったVantechの上位車種に狙いを絞っての訪問です。

自宅が浦和なので、Vantech埼玉に行こうと思いましたが、お盆休みのようで、急遽RVランドへ。ここは、常時60台以上の車が並ぶ、広大な展示場で、ハイマーの販売店でもあります。

Zil 520

520はリアの2段ベッドが特徴で、4人家族でもダイネットを展開することなく就寝できるのが特徴。子供が思春期に差し掛かり、両親や兄妹と並んで寝ることを拒んでも、対応できるのが魅力。ダイネットもNOBLEよりも広く、各スペースが、バランスよく配置されたレイアウトとなっています。

内装は、最新のZiLやNOBLEよりも一世代前のデザインなので、好みによっては、少し古い印象を受けるかもしれませんが、10月の名古屋キャンピングカーフェアで、モデルチェンジした520が展示されると噂されていますので、そのあたりは発表を待って検討したいところ。内装のデザインや、LEDのテールランプなどは、ZiLやNOBLEを踏襲するそうです。

ZiL NOBLE

リアにダブルベッドを持つNOBLEは、2人仕様を想定したレイアウトになっています。もちろん小スペースながら、バンクベッドがあるので、4人でも就寝は可能ですが、老夫婦+孫のような構成を想定されているそうです。
またエントランスから見える位置にグラスケースを配置するなど、欧州車を意識した演出も魅力。
一方で、ダブルベッドを設けたことで、ダイネットのスペースは狭く、またセカンドシートと、サードシートが、対座ではあるものの、正面配置では無いため、家族4人では使い勝手が悪いように思います。

ダブルベッドの下が、大きなトランクになっているので、荷物は大分積めますね。
内装も従来の国産車と比べるとモダンで、女性ウケも良さそうです。

ZIL 5

今回の3車種の中で、私が最も気に入ったのがこのZIL。この車の特徴である広いリビングには、圧倒的な開放感があります。

例えば、外遊びから戻ってきて、その後1時間で就寝というケースであれば、520やNOBLEのダイネットに座って過ごしても、苦痛にはならないと思いますが、それ以上の時間を過ごすとなると、自宅のリビングと同様に、ゴロゴロできるスペースが欲しいなと感じたわけです。

私も嫁も、休日の夜は、映画を見たり、ゲームをしたり、読書をしたり。ゴロゴロするケースが多いので、そのライフスタイルを崩さない方が、ストレスが無いのではないかと感じたわけです。
その分、ダイネットのソファーを展開して、ベッドにするので、寝心地はNOBLEよりも落ちるとは思いますが、嫁なんかは自宅で、テレビを見ながら、そのまま朝まで寝てしまうケースが多いので、問題にもならなそう・・・w

次にキッチンですが、私達は、原則キャンピングカーで料理をするつもりもなく、むしろ現地の飲食店でグルメを楽しみたいので、湯沸かしと朝食程度の軽食に対応できればよく、正直十分すぎるぐらいの装備です。

欠点は、リアにベッドが無いので、荷室がなく収納スペースが極端に少ない。
キャンプ道具をたくさん持ち込むような場合には不向きですが、あれこもこれもと積んでも、結局使わなかったなんてケースもありますし、必要最低限の荷物に制限すれば、問題ないかなとも思います。

さて、この日はとりあえずZiLのお見積りをもらって帰ってきました。

ディーゼル、2駆のベース車で、カーナビ+ETC、テレビ周り、それに、少しのオプションつけて、900万円超。後から、検討して、購入の場合は、ABS、ソーラーパネルも積みたいので、そうすると乗り出し930万円程。

狙っている輸入車と比べると、100-150万円程、お安くなりますが、さてどうしたものか。
コストだけでなく、輸入車には、サイズの大きさ、LPガスの充填、ベース車の修理、緊急時のフォローなどの問題が挙げられます。((;゚Д゚)

実車を見て感じたのは、国産車は当然のことながら、日本の道路事情やライフスタイルを考慮して制作されているので、細かい配慮が輸入車よりも行き届いているように感じます。Vantechなんかは、アフターフォローや緊急時のフォローも万全です。

見た目の格好良さや、内装のデザイン性は、劣るものの、使い勝手は間違いなく良さそうだと感じてしまう。否、内装に関しては、上述のとおり、かなり欧州車に近づいて来ていると思います。

諸問題を受け入れてでも、輸入車にこだわるのか、それとも使い勝手を取るのか、なかなか難しい選択であり・・・。既に見た目にそれ程、強いこだわりの無い嫁は、

「輸入車は壊れるからイラン。ZILは十分格好良いし、使い勝手も良さそう!これにしよう!!」ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

と言っていますが・・・

トヨタのカムロードが、Fiatデュカトぐらい格好良ければいいのになぁ~~www

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA