予約不要で景色抜群!内山牧場キャンプ場に行ってみた

前回のブログにも書きましたが、3連休ともなると、予約が必要なキャンプ場は、どこも予約でいっぱい。でも、キャンピングカーに乗るようになってからは、思いつきで出かけられる機動性に慣れてしまって、前もって予約をすることが少なくりました。もちろん、妥協して探せば見つかるでしょうけど、そんな手間も掛けたくないし暇もない(キッパリ)。

そこで今回の3連休は、息子と二人で予約不要の内山牧場キャンプ場に行ってみました。

 

内山牧場キャンプ場はオートキャンプ可能なフリーサイト

予約が不要ということは、“ふもとっぱら”と同じで、フリーサイトだから。区画エリアが嫌いなわけではないけど、自分はスペースを広く使えるフリーサイトの方が好きです。

それにチェックイン、チェックアウトは決まっていますが、混雑していなければ、わりとアバウトな対応をしてくれるところが多いので、その点もポイントが高いです。

さて、内山牧場キャンプ場は午後13時チェックインとなっていますが、ブログで得た情報によると、空いていれば早く着いても入れてくれるとあったので、道の駅「しもにた」で前泊をしました。

目覚めると、予報通り、あいにくの雨。でも、雨のキャンプも、それはそれでサバイバル感が増して、嫌いではないw
さて、10時に到着をした私達ですが、受付のおじさんは快く、「前日空いているから入っていいよー」っとすんなりOKしてくれました。

標高が高いこともあって、フリーサイトは濃霧が立ち込めていましたが、グルっと車を移動して、平坦かつ景色の良さそうな場所を探します。
え? 濃霧なのに景色が見えるのかって? 見えないので勘を頼りにしますw

こちらは、翌日の写真ですが、このようにだだっ広い芝生のフリーサイトが広がっています。っで、このキャンプ場は、なだらかな斜面になっていることもあって、平坦なエリアが非常に少ないのが難点。

幸いにも、到着をしたのが、雨の日の朝なので、選び放題ではありましたが(^^;

っで、この日は、山の下から上がってくる風が強かったので、キャンピングカーを風上に対し横に駐車して壁を作り、オーニングが破壊されぬよう、スペースを確保しました。そう、こういうサバイバル感が楽しいのでありますw

この日のランチは、先週に引き続き、広島風お好み焼き。1回のキャンプでは、食材を消費しきれないので、節約の為w でも、味は良い!っと自画自賛しておきますw

夕方には、小雨になったので、オーニングサイドタープを連結して、スペースを拡大。夜は、9月半ばだというのに、冷え込んだので、武井くんも点火!

 

内山牧場キャンプ場のトイレとお風呂事情

さて寝る前に、ひとっ風呂!っということで、我々はシャワー室を利用しました。3分200円ですが、シャンプーをして汗を流す程度であれば必要十分。また、受付のあるレストハウスの横にある宿泊施設、あらふね荘の風呂も利用できますが、キャンプ場から歩くと、10分ぐらいかかるので、少し不便ですね。

またトイレは、フリーサイトは和式しかないので、私のように神経質な人は、レストハウスの洋式トイレを利用しましょうw

 

内山牧場キャンプ場は標高が高く景色が抜群

そして翌日は、曇の予報でしたが、朝は晴れ間が見えました。

そして、眼の前には雲海が!ひょっこり顔を出している岸壁は荒船山。荒波を割って進んでいく船に見えることから、そのように呼ばれるようになったとか。この景色こそ、内山牧場キャンプ場の魅力の一つで、標高1,200mならではの絶景と言って良いかと思います。

昨晩は、風で吹き付けられた霧雨が、キャンプ道具を濡らしてしまったので、太陽の下、盛大に乾かします。

晴れていたので、キャンプ場をグルっと回ってみましたが、ほとんどのエリアが斜めになっています。手前のテントが斜めになっているのがわかりますか? そして、中央にZIL522が見えますが、あそこが間違いなく、平坦で景色の良い特等席です。

雨が降ると、キャンプ道具の手入れが面倒ですが、晴れたので、全ての道具をセットしました。今回は道具が多いので、ヒッチキャリアも装着。キャリアに載っているのは、THORのコンテナ。最近、キャンパーの間で人気になっているようですが、業務用なので丈夫で、かつとても格好良い。

 

コットで寝ていると、高原特有の涼しい風が体をかすめ、とても気持ちが良かった。

 

内山牧場キャンプ場のコスモス園

キャンプ場には、コスモス園もあり、ちらほらと観光客も見かけました。見頃は9月下旬から10月上旬なので、もう少しですね! 園内には見晴台もあって、100万本のコスモスを一望できます。

 

内山牧場キャンプ場は釣りもできる

ちなみに、エリア内には小さな湖もありまして、そこでは釣りを楽しむこともできます。鯉とニジマスが釣れるそうですが、釣り人はいませんでした。私はフライのロッドを、常時キャンピングカーに積んであるのですが、鯉が掛かって折れるのは嫌なので、見送りますw

 

内山牧場キャンプ場の夜

夕方、また少し寒くなってきましたが、前日は雨でできなかった、焚き火で遊びます。今回は、息子に火の当番をお任せ!

私は夕食の後も、焚き火を眺めながら晩酌です。
ちなみに、内山牧場キャンプ場は、星が綺麗に見えると評判で、この日は夜晴れたこともあって、鑑賞することができました!写真はありませんが、天の川が肉眼で見えるほどで、とてもキレイでした。流れ星も見えるので、コットや敷物を持っていって、寝転びながらの鑑賞をおすすめします!

さて眠くなってきましたが、翌朝楽をしたいので、必要な道具だけを残して撤収作業。私は朝ドタバタするのが嫌なので、最終日の夜、眠りにつく前にかたしちゃいますw

 

内山牧場キャンプ場の評価

さて、二泊三日の楽しいキャンプも、お終いです。今回のキャンプ場は初めてでしたが、とにかく景色が抜群で星空が美しい。また、予約も不要で、チェックインも融通が利くし、我々みたいに、前もって予約をしないキャンパーには、かなりオススメ。それから、釣りやパターゴルフ、ハイキングの入り口も近くにあり、キャンプ以外のアクティビティも楽しめる点は、子供連れにも良さそうです。

一方、サイトは斜面が多く、また平坦な場所が非常に少ないので、気になる方はすごく気になると思います。また、最大の難点としてペットがNGであること。キャンピングカーに乗っている方は、ペット連れが多いので、その点は痛いかも。実際に、キャンピングカーを、3台程しか見かけなかったので、その影響があるのかもしれません。

とはいえ私的には、“ふもとっぱら”よりも施設が充実しているし、自宅から近いので、すごくお気に入りのキャンプ場となりました!

帰宅前に、レストハウスで、神津牧場のソフトクリームを頂きました。これがかなりレベルが高く、私は2日連続で頂きましたw

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA