カーセールス・ワタナベのCSWオリジナル強化トーションバーとCSWオリジナルショックアブソーバーをレビュー

カーセールス・ワタナベのトーションバーとショックアブソーバーを装着!

今年のジャパンキャンピングカーショーで、渡辺さんから開発中だと聞いていた、カムロード用のCSWオリジナル強化トーションバーと、CSWオリジナルショックアブソーバー。

その際、製品化されたタイミングで装着する約束をしていましたが、既にエアサスを装着していたし、特に不満も無かったので、正直なところ、忘れかけていましたw

そんな中、渡辺さんからお電話を頂いたのが、先々週の話。

また時を同じくして、先に装着をていた、お友達のかっちゃんさんに試乗をさせてもらい、その素晴らしい走りを先に実感していたので、二つ返事でお願いをして、この度納車されました。

CSWオリジナル強化トーションバーとCSWオリジナルショックアブソーバー

まず最初に、私の感想を率直に言わせてもらうと、今回のCSWオリジナル強化トーションバーと、CSWオリジナルショックアブソーバーは、カムロードをセダンのような走行性能に変えてしまう魔法のパーツであると実感しました。渡辺さんはミニバンを目標にしたと言っていましたが、謙遜しすぎではないでしょうか?

私自身、国内のクルマ旅や、各種アクティビティでの用途において、使い勝手と大きさのバランスはキャブコンが最も良いと思っているのですが、走行性能だけは、輸入車やバスコン、そしてハイエースには絶対に勝てない要素だと思っていました。しかしながら、ここまで足回りを変えると、もはやキャブコン最強じゃないか? とすら思います。

エアサスを装着するだけでも、走行性能は格段にアップしますが、どちらかといえば安全性の向上に重きが置かれているのに対し、今回は乗り心地を極めた印象です。

所詮トラックだから、ある程度の安全性が担保され、乗り心地は、そこそこで良いという方には、不要なパーツかもしれませんが、普通車のような走行性能や安全性、そして静粛性を求める方には、オススメできるパーツと言えます。

エアサスを装着していること前提の快適化ではありますが、既に装着されている方であれば、それほど高価なモノでもないので、検討する価値は十分にあると思います。

エアサス

エアサス装着!ビフォーアフター
エアサスによる改善効果は想像以上!? カーセールス・ワタナベさんに預けていたZIL522ですが、装着が完了したとのご連絡を頂きました...

*エアサス未装着で検討中の方は、こちらの記事と併せてお読み下さい。

 

CSWオリジナル強化トーションバーとCSWオリジナルショックアブソーバーの走行レポート

一般道はもちろん、高速走行も試したので、私が現時点で感じだ装着メリットをまとめておきます。

■ スムーズなコーナーリング
車体の傾きがさらに抑制され、ハンドルさばきが今まで以上に軽やかになります。ですから、カーブの入口では、ブレーキを多様する必要がなくなり、出口では加速しながらのコーナーの抜けが、とっても気持ち良い。

■ 路面の細かな凹凸を、ほとんど拾わない
一見、平坦に見える道路も、補修の跡やマンホールなどによる凹凸が沢山あります。エアサスを入れているとは言え、これまでは、その凹凸を拾うとそれなりに振動があり、そのうえ凹凸が大きくなると、ガツンとショックが当たるような感覚がある為、ギャップを目視できたタイミングで、前もって減速、というシーンが多々ありました。でも装着後は、凹凸を静かに、そして舐めるようにサスが吸収するので、不快さは全くと言って良いほどなくなります。これらはCSWオリジナルショックアブソーバーによる効果と思われ、ランチョとは比べ物にならないほど、劇的に乗り心地が改善され、感動すら覚えます。もちろん高速性能も特筆もの!

■ 揺れがすぐに収まる
大きなウェーブのような道を走行すると、いくら足回りを強化していても、車体は揺れます。多くの方が感じる「フワフワする感覚」はキャンピングカー特有のものですが、CSWオリジナル強化トーションバーと、CSWオリジナルショックアブソーバーを装着した後では、大概の揺れは1度で終わり、その1度目の揺れもかなり小さくなります。

■ 高速走行時の追い抜きによるふらつきは皆無
エアサスを入れるだけでもかなり改善されるのですが、CSWオリジナル強化トーションバーと、CSWオリジナルショックアブソーバーを装着した後では、さらに安定感が増します。渡辺さんいわく、トーションバーは、フロントのエアサスの役割を担うと言っていましたから、その効果によるものと推測されます。実際に、車体前方の側面を手で押して、揺らしても、かなり固くなっていることを実感できます。車体前後の揺れが抑制されたことで、トラック等の追い越しによるふらつきは、普通車と較べても遜色ないレベルに到達。また強風に対しても、さらに強くなっていますが、こちらは箱型の車体が走っている以上、「強風でもへっちゃらです!」というレベルには、残念ながら達していません(不可能?w)。

■ 静粛性
車体が揺れると家具の軋みや、荷物が動く音が聞こえてきます。慣れると気にならなくはなるのですが、実際には普通車には無い騒音の中で運転していることになります。また、振動が少なく、車体が揺れないと、車内は驚くほど静か。そんなことを言うと、「所詮ディーゼルエンジンの上に座っているのに、騒音もへったくれもあるかい!」っと言われそうですが、それを差し引いても静粛性を実感することになるでしょう。

 

まとめ

ここまで褒めちぎると、「カーセールス・ワタナベの回し者なんじゃないの?」、「誇張しているでしょ?」って思われるかもしれませんが、そんなことは断じてありませんw また、ある程度の投資をすると、買ってよかったと思いたい、というバイアスが掛かってしまいがちですが、先にも書いたとおり、かっちゃんさんに試乗させてもらうまでは、購買意欲はそれほど高くなかったです。本当にエアサスで十分だと思ってましたから。
でも今回は次元が違う。所詮トラックと、どこかで諦めていましたが、もはや走行性能はトラックではないと言わせてもらいます。

CSWオリジナルショックアブソーバー

車体の傾きや、追い抜きによる風圧には、CSWオリジナル強化トーションバーがしっかり効いて、安定性がさらに増しているし、CSWオリジナルショックアブソーバーは、ダブルピストン仕様で、細かい凹凸を吸収しつつ、大きなギャップでは、1度の揺れでピタッと抑制。

車に硬さと柔らかさを与えるという、この相反する挙動を見事に融合してしまっている点に、凄みがあります。

CSWオリジナル強化トーションバーとCSWオリジナルショックスタビライザー

タイヤとホイール、レカロシート、スタビライザー、エアサス。そして今回のCSWオリジナル強化トーションバーと、CSWオリジナルショックアブソーバーを装着しているので、トータルでみれば、もちろんコストはそこそこですが、それでも輸入車やバスコンを購入することを想定すれば、コストパフォーマンスは高いはず。

実際に、オートキャンパーに特集されたこともあって、反響、評価ともに上々だとか。

キャブコンの弱点を見事に克服したことで、市場におけるベース車の勢力図を大きく変えたのが、このイノベーションだったと、未来のキャンパーが語るかもしれない。それほどインパクトのある出来事だと、私は思っています。

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

10件のフィードバック

  1. かっちゃん より:

    いや~
    コースターのような最高のランデブーでしたねー!
    スタッドレスタイヤで(笑)
    ワタシもカーセールス・ワタナベの回し者ではない証拠にお友達には試乗させています。
    高速乗ると足が良すぎてエンジンパワーが足りなく感じますよね?
    でもほどほどにしないといつかバーストするかもよ。
    気をつけましょうね!

    • unknown より:

      気持ちのよい乗り味に病みつきになりますよねー。
      何度乗っても、「良いなー」って思っちゃいますもんね。
      個人的には、エアサスを装着した時よりも圧倒的に
      気持ちよさを感じます。

  2. いしまさ より:

    今や年に数回の出番しかない我が家のジルには勿体ない装備ですが、別物に感じる乗り心地は気になりますね( ^ω^ )

    かっちゃんさん、今度試乗させて下さいね~(笑)

    • unknown より:

      もっと出動回数が増えると良いですねー。勿体ない!w
      次回、ぜひ試乗してみて下さい^^

  3. soyokaze より:

    セダン級?マジすか?
    鈍感な私でも体感出来るかなー?
    CSWの広報部長にやられてしまいそうです。

    • unknown より:

      そよ風さん、スピードをそこそこ出して
      運転したらすぐにわかりますよー。
      ずーっとレールの上を走っているような感覚で、
      病みつきになりますw

  4. なつこう より:

    私もかっちゃんさんに、市場に出回る前に試乗させてもらい、なんて素晴らしい乗り心地だ!って思いました^_^
    が、庶民にはそう簡単には手が出せません(>_<)
    カトちゃんが羨ましい^_^

    • unknown より:

      必須なパーツではないので、キャンプ道具やサーフィンの道具にお金を費やした方が有意義かもしれませんよ!?
      私も庶民です・・・。はい・・・。

  5. K-G より:

    こんにちは、unknownさん。

    なんか、めちゃめちゃ良さそうな足回りの改良ですね。
    大声では言えないみたいですが、LTキャン〇ーズさんのより更に良いってことですよね?
    私なんかがノーマルからこっちにしたら、ビックリしちゃうんでしょうね。
    うーん、少し他よりは割高ですが、高すぎる訳ではないみたいですね。 候補メモに記載しときます。

    • unknown より:

      それなりに投資が必要ですが、素晴らしい乗り心地になりましたよ^^
      トーションバーは、装着するだけではダメで、車体ごとに
      最適な絞りを見つけるまでに、1日掛けて絞っては走りを繰り返す必要があって、
      きっとCSW以外では、そこまでやってくれないので、装着するなら、ココ一択ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA