NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラックはキャンピングカーに打ってつけのアイテム!

キャンピングカーの鍵束を快適化しよう!

キャンピングカーの納車時、大半の方が、まず驚くのが鍵の多さ。原則、欧米から異なるメーカーのパーツを輸入し、架装するので、どうしても数が多くなってしまいます。

キャンピングカーの鍵束

利用頻度に応じて、キーフォルダーを分けるのもアリですが、いつ何時必要になるか分からないですし、やはり一纏めになっていると安心で便利ですよね~

私は普段、パンツのポケットに忍ばせておくか、エントランス付近に設けたフックに鍵をぶら下げていますが、ポケットが膨らんで嵩張るのもストレスですし、フックに掛けて置くと、そんな時に限って、何度も車内に取りに行く羽目になったりで、何かと邪魔な存在でした・・・。

 

NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラックで問題解決!

そこで、私がお世話になっている、バックカントリー・スノーボードのプロショップで取り扱っていた、NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラックを購入しました。

NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラック

NITE-IZE(ナイトアイズ)は、知る人ぞ知るアメリカのアウトドア・ブランドで、主にキーラックや、アウトドア用の結束バンドなどを展開する、非常にユニークな存在。別の機会に紹介しますが、特にこの結束バンド(商品名=ギアータイ)は、自由自在に曲げられるワイヤーを、ソフトなラバー素材で覆ったアイテムで、アウトドアに限らず、とても重宝します。

以下のハンギングチェーン(商品名=ギアライン)のラインの両端にも、ギアータイが使われているのですが、他社のアイテムとは、使い勝手が雲泥の差。サイドオーニングのフレームであろうと、テント内であろうと、いとも簡単に結束でき、また耐久性もあるので、重いものをぶら下げてもへっちゃらです!

NITE-IZE(ナイトアイズ)のギアライン

さて話を戻しますが、このキーラックは、本体もキーフォルダーもカラビナ構造になっています。本体をズボンのベルトループや、カバンに引っかければ、嵩張ることもないですし、紛失も防げます。

NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラック

またキーフォルダーも、鍵の取り付けが容易ですし、一列に並んでいるので、鍵どうしが絡まることもありません。加えて、本体の中央部分が栓抜きになっており、アウトドア道具らしい、遊び心も持ち合わせています。アウトドア道具は、一つのアイテムで、複数の役割を担う方が、使い勝手が良い。

NITE-IZE(ナイトアイズ)のキーラック

一般的なキーフォルダーと違って、アウトドアを感じさせるデザインも、キャンピングカーで向かう旅や、アクティビティの高揚感を、より一層高めてくれること間違いなし! キーフォルダーだけでも、複数の商品があるので、気になったら、ググってみましょうー。

値段も手ごろなので、オススメですよ~。

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. K-G より:

    こんにちは、K‐Gです。
    鍵の数、ホントすごいですね。 そんなにあったら持ち歩きづらいですね、重量もそれなりにありそうですし。
    キーホルダーなかなかカッコいいですね。 使い易そうなんで私も納車されたら購入しようかと思います。
    いつも有益な情報有り難うございます。

  2. unknown より:

    K-Gさん、こんばんは!
    鍵は、写真の本数にベース車の鍵も加わりますから、結構な数です(^^;
    鍵の取り付けには、鍵の柄の部分が太いものがあるので、
    一度クリップをカラビナから外して、取り付けが必要なのが2本、
    Oリングが必要なものが1本ありますので、その点をご留意の上、ご購入下さい。
    大した作業ではないですが(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA