北海道キャラバン2017(5日目):小樽散策と余市蒸溜所 見学

小樽を経由して積丹半島へ向けて移動開始!

積丹でウニが食べたい!っということで、一行は西へ向います。っとその前に、こちらも訪れてみたかった小樽で散策をすることにしました。
さて、この日は「道の駅しんしのつ」で起床。ワンコたちの散歩をさせたら出発です!

こちらの道の駅にはキャンプ場がありまして、手ぶらでキャンプが売りのようです。

規則正しく並ぶテントに違和感を感じますが・・・w まぁでも、温泉も遅くまでやっていますし、拠点にするには、すごく良い場所でお薦めです。

 

小樽散策

「道の駅しんしのつ」付近から、高速を使って札幌を抜けたら、あっという間に到着。小樽は街なので、駐車場を心配していましたが、モモジルさんが熟知していますので、なんなく駐車できました。

そしてまずは、ド定番の小樽運河へ! 小樽港と、この運河があったからこそ、この街がかつて、商業都市として栄えたわけですね。明治から大正にかけてのノスタルジックな面影が街のあちこちに残っていて、それが今や、この町の観光資源になっています。

その空気を肌で感じていると、上空からプロペラ音が!? なんと大陸系の方々が、ドヤ顔でドローンを飛ばしていますww しかも、車道の上を横切ったり、歩行者がいてもお構いなし。なんだかね~。

さて、そのまま町を散策しながら、海鮮丼を食べに三角市場にやってきました。

思ったよりも観光地化していて、またお店によって相場や、言うことが異なり、全くもって信用できませんw 

市場内の食堂でいくら丼を頂きましたが、見た目とは裏腹に、不味くはないけど、なんだか微妙。ぶっちゃけ、築地の方が数段上手いレベル。新鮮じゃないんだよなー。

不満たらたらですが・・・w 引き続き街の中を散策します!

旧日本銀行小樽支店を見学することにしました。

館内は金融資料館になっていまして、経済やおカネについて、学ぶことができます。入場無料なんですが、大人も子供も勉強できて、満足度高かったです。

1万円札が全て本物だったら1,000億円あることになるそうです!

その後も、旧国鉄手宮線の線路を歩いたり、メインストリートでスイーツを食べたりして、半日かけて小樽を楽しみました!

 

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

NHKの朝の連ドラ「マッサン」で一躍人気となったコチラの施設。私は、ウィスキーが好きでないし、ドラマも見ていないのですが、人気の観光地なので、立ち寄ってみました。

工場内には、竹鶴政孝とその妻リタの自宅が再現されていたり、思い出の品なども沢山展示されていて、ドラマを見た方にとっては、より感慨深いのではないでしょうか。

工場内では、ウィスキーの試飲もすることができます。せっかくなので、いくつかの銘柄を飲み比べてみましたが、やっぱりウィスキーは、口に合わない・・・w

写真右のアップルワインは美味しかったですけどね!w 帰りぎは、義父のお土産として、当施設限定のウィスキーをお土産に買いました。

 

道の駅「スペース・アップルよいち」

さてこの日は、余市蒸溜所からほど近い、こちらの道の駅で休憩です。余市は、宇宙飛行士、毛利さんの故郷だそうで、宇宙をテーマにした施設になっています。
夕食は、モモジルさんが何度か行ったことがあるという、道の駅正面にある焼肉屋さんで済ませました。

 
↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. soyokaze より:

    小樽でまた寿司が食べたくなりました。
    連休取れたらまた行きたいですが、北海道だと1週間ぐらい欲しいですね。
    ZILのタンデムトリップイイですね!
    機会があればやりたいですねー

    • unknown より:

      現役世代は、なかなか長期連休が取れませんもんね。
      北海道だと一週間でも短く感じてしまいます・・・。
      オフ会はいつも、キャンプメインなので、
      ショートトリップとか、スノーボードとか、
      機会があったらぜひご一緒しましょー^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA