北海道キャラバン2017(2日目):二風谷アイヌ文化博物館とサラブレッド銀座

寄り道をしながら襟裳岬へ!

“さんふらわあ”の夕方便は、ディナーとお風呂を済ませたら後は寝るだけ。翌日は14時頃に船を降りられるので、片道18時間の旅も、意外と短く感じられます。
去年は深夜まで仕事をしながら過ごしたので、それと比べて今年は、あっという間の印象でした。

そして船はいよいよ、苫小牧港に到着! 我々は、トラックと同じ甲板に駐車していたので、到着後すぐに下船することができました。

予報で知ってはいましたが、天気は曇りで、今にも雨が降り出しそう・・・。

下船後、モモジルさんとは、しばしお別れ。

今回は、ご一緒すると言っても、それぞれ行きたいところが違いますし、ペースもありますからね、程よく合流と解散を繰り返しながら、コマを進めていきます!
私たちは、襟裳岬へ向かい、モモジルさんは増毛方面へ出発です!!

 

二風谷アイヌ文化博物館

夕方便で現地に到着をすると、その日はあまり時間が無いんですよね。自ずと苫小牧から近いところで、観光することになります。
我々が最初に向かったのは、こちらの施設。北海道キャラバンの前に、その歴史の一つとして、子どもたちにも触れて欲しいと思い、立ち寄りました。

政治的な観点では、先住民族としての定義を論点として、認める認めないで争っていますが・・・。子供たちには、事実そこに存在した民族として、その文化を知り、また我々日本人との関わりを踏まえ、さらには多様性を尊重することの大切さを感じて欲しい。

館内には貴重なコレクションが所狭しと並びます。特に狩りの道具は、動物の習性を踏襲した優れた仕掛けとなっており、私も男として本能が疼くのか、興味津々でした。

アイヌの衣装。素朴ですが模様と色合いが、とにかく美しい~。きっと、この幾何学的な模様にも、意味があるのでしょう。それからアイヌ語を展示しているエリアも勉強になりました。北海道のあちこちで見聞きする地名の由来が、パズルのピースをはめるように理解できます!

屋外にはアイヌコタンが再現されていて、当時の雰囲気を肌で感じることができました。

ところで、私は知らなかったのですが、巷ではアイヌ文化を背景とした「ゴールデンカムイ」なるマンガが話題のようです!?
嫁さんから聞きましたが、子供たちも読みたいというので、お土産物コーナーで大人買い。

北海道キャラバンの間、取り合いをしながら、家族全員で貪るように読みました^^

子供達の興味を醸成するのにマンガはもってこいですね!

 

サラブレッド銀座

ご存知のとおり、襟裳岬に向かう235号線は、進行方向右側に太平洋を臨み、左側は競走馬を育てる牧場が続きます。ハイセイコーなどの往年の名馬を産んだ町として有名ですよね。晴れていれば、素敵な風景を眺めながらのドライブになる予定でしたが、あいにくの天気で、しかも霧が発生し何も見えませんw

とは言え、予定通りサラブレッド銀座に立ち寄りました。こんな天候ですから、我々しかいませんw

ここは公園とは言うものの、高台にある駐車エリアで、ちょっとした展望台のようになっています。

少し遠いですが、放牧されている競走馬を、しばし見物。牧草を食べていましたよ~!w

そして、我が家のサラブレッドもお散歩ですw

 

道の駅 みついし

この日はこちらで休憩です。施設には温泉施設やレストランもあり、それぞれ利用させて頂きました。
それと、大洗から苫小牧港までご一緒した、コルドバンクスのオーナーさんとも再び出会い、お風呂も一緒でしたw

さて、晩御飯とお風呂を済ませた後、トイレに近い駐車エリアへキャンピングカーを移動させていたところ、普通車で車中泊をする、北海道在住の初老の男性から声を掛けられました。
「キャンピングカーはいいね~!」「どこから来たの?」みたいな感じで質問をされ、少しの間、雑談をしたのですが、その後別れて、キャンピングカー車内で寛いでいると・・・。
その方が再びいらして、「子供たちに花咲ガニを食べさせてやってくれ」と、差し入れが!

もちろん高価なものなので、はじめはお断りしましたが、「ぜひ子供たちに北海道のカニを食べてもらいたい!」っと、相手も引き下がっては来れないので、最後は頂いてしまいました(^^;

早速、家族4人で美味しく頂きましたが、その方の地元愛とか、北海道を好きになって欲しいという願い、子供たちを喜ばせたいという気持ちが伝わり、心を打たれました。

現代社会では、隣近所との交流さえ閉鎖的になりつつある時代ですが、旅先で出会う方々との交流や、おもてなしの精神に触れると、忘れていたなにかに気付かされます。

旅は道連れ世は情け。

そのようにして、2日目の旅を終えました。

 
↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. いしまさ より:

    旅でしか味わえない人との交流や親切心、旅ってやっぱり素敵だな~

    と改めて実感しますね!!( ^ω^ )

  2. unknown より:

    おっしゃるとおりですね~。
    地元の方々との交流は、旅の醍醐味ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA