北海道キャラバン2017(1日目):ワンコに優しいNEW“さんふらわあ”で北の大地へ

キャンピングカーで行く2度目の北海道キャラバン!

キャンピングカーによる初めてのキャラバンから1年。今年も夏休みを利用して、聖地“北海道”へ行ってきました!
昨年は稚内まで足を伸ばしたので、移動の多い旅でしたが、今年はもう少し時間に余裕を持って旅をしたい。
そんな思いから、ルートは、苫小牧港から襟裳岬、そこから十勝・帯広を目指し、その後、西の小樽、積丹半島へ行き、南下してニセコ、洞爺湖を通過して根室へ降り、登別から、苫小牧に戻るルートとしました。
しかも今回は、ブロ友のモモジルさんと、ところどころ旅をご一緒することに!
去年にも増して楽しい旅と相成りました。

新造船「さんふらわ」はワンコに優しいフェリー!

さて、今年も大洗から商船三井フェリ-を利用して苫小牧港へ向かいます。御存知の通り、さんふらわあは、今年の5月から夕方便のみ新造船が就航しており、せっかくならそれに乗りたい!っということで、2ヶ月前の予約開始日にチケットを確保しました。

旅行の準備は週の初めには終わらせていたので、当日は少し早めの15:30に大洗港に到着。モモジルさんの到着を待ちます。

待つこと1時間、超ハイテンションでご到着! 良い笑顔していますね~ 今回は新しいパートナー、白柴の「七七子」も一緒です!

自動チェックインで乗船手続きもスムーズ!

手続きを終えたら乗船待ちです。キャブコンは私達を含めて合計4台。私の後ろの方はコルドバンクスにお乗りで、バンテック厚木でお世話になっているそうです。我々の乗船は、車高を懸念され、大型トラックと同じフロアに駐車させるようで、出港ギリギリまで待機・・・。その間3人で、北海道やキャンピングカーについて、情報交換をしながら、時間が過ぎるのを待ちました。

そして、いよいよ乗船です!

車を駐めたらすぐに出港。団体客が乗り合わせていた関係で、食事の時間がタイトであるにも関わらず、乗船が遅くなり、ワンコのお世話や荷解きをしたら、すぐにレストランに向かわねばなりません。

ワンコ達の船内での移動は、専用のカートに載せる必要があります。我が家の3匹と、七七子を乗せて、お部屋へ。

今回、私達が抑えた部屋は「スーペリアウィズペット オーシャンビュー」。そうです!待望のワンコたちと一緒に過ごせる部屋なのです。ただし、4人部屋は2部屋しか無いので、行きも帰りも、予約は争奪戦でした(^^;

ワンコのお世話に必要なアイテムも一通り備わっていますよ。

しかも、部屋のすぐ隣には、ドッグランも完備! これまでと違って、ワンコ達にもストレスの少ない船旅となりました!

これまで通り、ケージルームもありますが、やっぱり家族同然のワンコ達と一緒に、船旅を過ごしたい方が多いのでは?

船内も、これまでよりもキレイで快適。プロムナードも吹き抜けとなって、ちょっとしたホテルのようですね。でも、パブリックスペースは、古い船の方が、使い勝手が良かったように思います。

食事は朝昼晩ビュッフェ形式。前菜からデザートまで、沢山の食べ物が並んでいましたよ~。

夕食後は、モモジルさんの部屋で晩酌。旅の打ち合わせもしたかったのですが、なにせfree wi-fiが繋がらない・・・。これがどうにかなると、もっと快適な旅になるんだけどな~。

なので、翌日からの旅に備えて早めにお開き。

少しづつですが、しばらく北海道キャラバンの旅行記を投稿していきたいと思います!

 
↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. いしまさ より:

    家族だけでの旅もいいですが、知り合いと一緒の旅も盛り上がりますよね~♪

    新しい船も快適そうでいいですね!!

    • unknown より:

      モモジルさんは、北海道にめちゃくちゃ詳しいので、いつも以上に楽しい旅になりましたよー。
      旅に風情を求める私にとっては、古い船の方が好みですが、ワンコにとって新造船は快適ですよー。

  2. ゆずこ より:

    はじめまして。北海道旅はいかがでしたか?楽しまれましたか?
    実は逆パターンで
    我が家、北海道からキャンカーで大洗までの利用を検討中の者です。
    検索で辿り着きました(^_^;)

    我が家は夫婦2人プラス小型犬3頭で北海道から本州へ旅を予定しています。
    このフェリーの同じ部屋を利用したいと考えておりまして、とても参考になりました。
    お聞きしたいことがいくつかございます。教えて頂けないでしょうか?

    まず、
    1. ペット連れの場合は、どのような形で乗船になりますか?
    (津軽海峡フェリーは、運転手も同乗者もペットも皆一緒に自前カートでエレベーター移動が出来たので多頭飼いの移動は楽だったのですが、こちらは利用したことがなく不明です)
    客室まで移動の場合、最後に運転手が連れて乗船ですか?それとも同乗者がカートなりバックなりで先に別乗船ですか?
    (シルバーフェリーは、多頭でもカートNGで、キャリーバックに入れることを条件に、運転手または同乗者が連れていく。すなわち、一度に連れていけない場合は、運転手と同乗者で手分けして乗船して下さいなどまちまちです。

    2.車から客室まで貸し出しのカートがあるのですか?
    それとも自前?

    写真を拝見すると、カートに入れられていますが、この移動はどんな時だったのですか?

    3. 室内にペット用品が少し完備されているようですが、内容など細かく教えて頂けると助かります。
    トイレトレーもあるのでしょうか?

    多頭な上、トイレまで持ち込むとなると荷物が増える…など、不安要素あります。(^_^;)

    是非教えて頂けると助かります。m(_ _)m
    宜しくお願いします。

    • unknown より:

      ゆずこさん、はじめまして!
      北海道にお住まいなんですね〜。羨ましい・・・。

      さて、早速ですが、御回答します〜

      > 1. ペット連れの場合は、どのような形で乗船になりますか?
      私達の場合は、運転手とワンコが、キャンピングカーで乗船。
      妻や子どもたちは歩いて乗船しました。
      駐車甲板からは、備え付けのカートで、エレベーターを利用し、部屋へ移動することになります。
      ペットルーム、ドッグラン以外の船内移動は、カートでの移動が義務付けられていました。

      > 2.車から客室まで貸し出しのカートがあるのですか?
      写真のカートは船に備え付けのもので、駐車甲板の階段のところに置いてあります。
      他の方が利用されてカートが無い場合には、係員にその旨伝えれば、持ってきてくれますよ〜。

      > 3. 室内にペット用品が少し完備されているようですが、内容など細かく教えて頂けると助かります。
      トイレトレー、フードボウル、コロコロ、ウエットティッシュ、ペットシーツ、空気清浄機、ペット用ゴミ箱などが備わっていました。我が家も3匹ですが、ペットシーツや、フードボウルは、備え付けのものだけでは、足らないので、予備を沢山持っていって下さいねー。

      以上、参考になりましたでしょうか?

      ワンチャン達との本州旅行が楽しい思い出になると良いですね!
      ブログにもまた、遊びにきて下さいね^^

  3. ゆずこ より:

    詳しく教えて頂きありがとうございますとても参考になり助かりましたぁ

    カートの貸し出しがあるんですねぇΣ(・□・;)多頭飼いには非常に有難いですね。
    歩いて乗船する場合もバックに入れて中に入ることも可能ですよね…?
    (甘ったれのママっコがいてどうしても私じゃなきゃダメなコがいるので、そことも心配で聞きたかったのです)

    フェリーもだいぶペットに関しては寛容になってきてますが、各社マチマチなのでこういう情報はとても有難いです♪

    本州の皆さんは、口を揃えて北海道を羨ましがられますが、
    確かにいい所ではありますが(^_^;)
    冬は大変だしキャンプなどのアウトドアも限られたわすがな期間なので、駆け足で必死に楽しんでますよ〜笑

    我が家は、長年テント泊でキャンプを楽しんできましたが、
    子供の巣立ちを機にキャンピングカーを購入し(うちは夫婦だけなので、ハイエースのバンコンです)犬連れであちこち遊び歩いてます。
    3シーズンはテント泊や車中泊、時に犬たちを乗せてカヤックと楽しんでます。
    道内は殆ど行き尽くしたので、今年から北海道脱出を始めている所なんです♪

    また寄らせて頂きますね〜٩(ˊᗜˋ*)و
    ありがとうございました

    • unknown より:

      ゆずこさん、こんばんは!
      ワンちゃんと徒歩で乗船する場合も、バッグに入れれば問題なしです!
      なので、安心して下さいね。

      やはり北海道の暮らしに憧れるのも、隣の芝はなんとやらなんですかね~
      20代の頃、スノーボードをする為に、半年ほど旭川に住んでいましたが、確かに大変でした(^^;

      ってことは、本州キャラバンに行かれるのは雪を避けて秋冬に計画されているんですかね~。

      何れにしても、ワクワクの旅になりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA