購入記6:比較検討に終止符!バンテックのZILシリーズの購入を決断

シルバーウィーク中も、VantechのZILシリーズにするか、またはHobby Siesta A55GSにするかを、ずっと悩んでいましたが、初めてのキャンピングカーは、ZILシリーズを購入することに決めました!

輸入車を諦めた理由は、主に以下のとおりで、自分なりにいろいろと情報収集をしながら、決めました。

・デュカトはセミボンネット型なので、全長が大きいわりに、居住スペースが狭くなる。
全長7メートルクラスであれば、気にならないと思いますが、そうすると、運転の取り回しや旅先での駐車の問題が。衝突安全性を考慮すると、カムロードよりも断然良さそうですけどね。
 
・LPガスの充填の不便さ
コンロはガスボンベ化しても大したことないが、FFヒーターはべバスト(軽油式)に変更が必要となる。

・ルーフエアコンなので、使用する場合は電源サイト必須
家庭用に換装できなくもないが・・・。

・故障リスクと故障時のコスト(時間とお金)
昔と違ってとはよく聞きますが、国産車は異常に壊れませんからね・・・。

さて、国産車はソーラーパネルまで積んだ、オール電化が主流ですが、海外では宿泊に際してのインフラが整っているようで、その必要性が低く、国内環境に併せて、国産車同様の快適化を行うと、やはり余計なコストがわんさか発生してしまいます。

そうすると、価格と価値のバランスがどうしてもつり合わないように感じてしまい、また初めての購入ということもあって、まずは無難な選択をという訳です。

うーん。トラック顔も見慣れてくると、違和感を感じなくなるから不思議ですw 乗り心地や安全性を高める為に、シートや、足回りの強化、それと宿泊地の自由度を高めるソーラーパネルは必須で装着しようと思います!

あとは、新ZIL520の発表を待って、ZIL5とどちらを買うか検討するだけすが、気持ちは前者。10月10日が待ち遠しいです。

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA