購入記5:バンテック埼玉でカムロードに試乗してみた

キャンピングカーは試乗できないものと勝手に思い込んでいたのですが、
Vantech埼玉では、試乗もできるという情報をGetしたので、
早速家族を引き連れて試乗をしてきました。

WEBで得た事前情報では、大方乗り心地が悪いというネガティブな評価が多かったので、
トラックを運転したことのない私は、妄想の中で軽トラの荷台に座るようなイメージへと
発展させていたのですがw それを試乗で確かめようと思ったわけです。

検討フェーズも後半に差し掛かりますと、いつでも勢いで契約できるようにということで、
実印は常に持参して向かいますw

さて、我々が到着をした時には、担当の営業さんが、納車に追われておりましたので、
その間、ZIL520とZiLを家族で行ったり来たりしながら、購入するとしたら、
どちらの車種にするべきかを家族会議w

嫁は「就寝を除き、車中で最も多くの時間を過ごすリビングが広い方が良いから、ZiLにすべき」と主張。
小学校4年生の娘も「家具のデザインが素敵なZilがいい~」という意見。
小学校2年生の息子は「自宅の子供部屋と同じ、2段ベットの方が、寝やすいからZIL520でしょ」と反論。

そんな言い争いをよそに私は、「ZIL520の常設ベッドと、Zilのような広いリビングを兼ね備えたモデルが欲しい」と、
二者択一から外れたところで、「やっぱり自宅以外の駐車場を借りて7メートルクラスの輸入車を買おうかな・・・」などと
妄想しているところで、試乗のお時間にw

助手席に営業さん、家族はダイネットに着席。そしていざ出発です。

試乗車で事故ってはいけないという緊張感から、必要以上に気を使いますが、
営業の方の指示で、車は国道463号線をまたぎ、割とカーブの多い、細い道へ進入w
案の定、前方からはトラックが迫ってきます((;゚Д゚)
ハンドルを少し左に回して路肩に寄ろうとしますが、ここでワンテンポ遅れる挙動にビビる(((;゚ρ゚)))アワワワワ

また、車体幅もありますから、左サイドミラーをコマ目にチェックしながら、車両間感覚をチェック。ついついクセでバックミラーを見てしまったり、高さを意識することを忘れていたりと、やはりある程度の慣れは必要と感じました。

交差点での右折左折による、ハンドリングや、内輪差は、ほとんど気にするレベルには無く、坂もディーゼルなので、思ったよりも、スイスイ登る(・ω・★)
乗り心地も運転席に乗っている限りは、妄想と較べて断然快適。

後ろはどうかと尋ねながら、顔を向けますと、なんと全員爆睡中www
後から聞いたところによると、フワフワが心地よくて、眠くなったと言っていましたが、この人達にはショックアブソーバー不要なようですw

そんなこんなで、試乗も終了。ロングコースだったので、割と運転感覚も掴めました。

その後は、嫁ともよく話し合い、新型がそろそろ登場するのではないかと、噂されているZIL520の新型を待ってから決めようという結論に。

検討フェーズは、まだ続きますw

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA