キャンピングカーのお掃除にダイソンV8がオススメな理由!?

キャンピングカー乗りの皆さんは、ハンディクリーナーを車内に積んで、お出かけをしていますか?

ダイソンv8を購入してみた!

私の場合は、お出かけの際に、必ず積んでから出発をします。なぜなら・・・。

・子供達がお菓子やゴミを散らかす。
・人間やワンちゃんの毛が抜け落ちる。
・キャンプ飯の調理の際、食材のカスが散らかる。
・寝具等のホコリが舞う。

また、旅行中でなくとも、帰宅後のお掃除の際にも使い勝手がよく、大変重宝しているアイテムです。

もともと、自宅にはダイソンDC45があったので、それを使っていましたが、このカテゴリも日進月歩ですから、キャンピングカー専用に最新型を購入してみました!

ダイソンV8

ダイソンは、ハンディクリーナーとコードレスクリーナーを別のカテゴリとして販売し、それぞれ複数の製品をラインナップしていますが、基本はモーター部分のバージョンと、その他付属品の組み合わせが異なるだけ。ただ、最新のV8はハンディクリーナーとしては販売されていないので、指名買いの場合は、コードレスクリーナーを購入する必要があります。

 

ダイソンv8をオススメする理由

・ふとんクリーナーとして使える
特にペットと同伴で旅をされる方であれば、マットレスや布団、シートのノミ・ダニが気になるところ。日干しにしても、結局は陰になる方へ逃げていきますし、またフンや死骸を取り除くことはできませんが、ダイソンv8であれば、付属のミニモーターヘッドを装着することで、高い吸引力を活かし、これらに対処できます。

ダイソンv8

ちなみに、これまで使っていたDC45は、コードレスクリーナーとして売りだされていたので、ミニモーターヘッドが付属しておらず、ふとんクリーナーとしては使えませんでした。

■ 吸いとったハウスダストを再び空気中に排出しない
キャンピングカーの室内は、例え大型車であろうとも狭い空間。ミクロのハウスダストを再び排出するのは、衛生上よろしくありませんが、ダイソンv8であれば、0.3ミクロンの粒子を99.97%捕らえます。

■ 満充電で最長40分間も使える
ひとつ前の世代であるV6シリーズと比較をして倍も長持ち。旅の間、さっと掃除をする程度であれば充電は不要かと思いますし、帰宅後の掃除の際も、以前のように途中で充電が無くなるという心配が軽減されました。

■ ハンディクリーナーとして、またコードレスクリーナーとしても使える
自宅では、長いクリナーヘッドを使って、一般的な掃除機としても使えますし、旅行の際には、そちらは自宅に保管し、ハンディクリーナーとして、車内に持ち込めば、荷物として邪魔になりません。

■ 充実の付属ツールで痒いところに手が届く
フトンツールを使えば、掛け布団や枕、クッションのお掃除も楽々。また延長ホースを使うと、ハンディクリーナーを扱いづらい、運転席の足回りや、エントランスステップの靴置きなど、狭いところでも掃除がし易いです。もちろん定番の隙間ノズルや、クーラーの通気口の掃除に便利なコンビネーションノズルも付属します。

 

まとめ

普通車と異なり、寝具を積んでいるキャンピングカーにおいては、単に掃除をするだけのクリーナーよりも、ふとんクリーナーとして活用できることが、非常に大事。また、電気が使えるとは言え、バッテリーの駆動時間が長いのは、電力の節約に繋がります。また狭い車内でも邪魔にならないハンディサイズのクリーナーとして使えることも重要なポイントです。
もちろん、キャンピングカーだけで使う必要もないので、メインの掃除機の他に、例えば2階や、部屋専用の掃除機として、活用すれば、より使い勝手の良いアイテムになってくれると思います。

ダイソンv8

っということで、私の部屋に壁掛けで設置してみました。デザインは好き嫌いが別れるところかと思いますが、物置にしまうのではなく、魅せる家電として、生活空間に飾れるのは、良いことだと思います。

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

あわせて読みたい

12件のフィードバック

  1. 亀萬 より:

    家でもキャンピングカー内でも先代犬の時、毛がこんなに抜けるのか?と
    びっくりしましたが(笑)ゴールデンは毛が長いのでクレソンの時は
    シートや床のじゅうたんが毛だらけで苦労しましたが、
    ランディーは床もFRP部が多いのとダイネットのシートは合成皮革なので
    “ほうき”と”ちりとり”で充分と言う感じです。
    中・大型犬でリーブスに乗っている方は
    ランディと同じシートに変更しているオーナーさんもいる様です。
    運転席のシートはかなり毛だらけですが(笑)
    家でもランディでも抜けた毛は”ぬいぐるみ”を作ってもらうので大切に保管
    しています。

    • unknown より:

      ランディは、そもそもワンちゃん仕様なので、ノミ・ダニ、抜け毛には対処しやすいですよね!
      ルナはチワワの血が入っているものの、多少なりとも抜けます。
      なので、よくコロコロをしていますw

      ところで、抜け毛でぬいぐるみができるなんて知りませんでした〜

  2. うまちゃん より:

    私も、ダイソンのハンディクリーナーを使っていますが、寝具だけでなくファーストカーの掃除に使っています。小型で吸塵力が強力で満足しています。飼っている北海道犬(おとうさん犬、といってもメス)は抜け毛がすごいですが、車のカーペットにからまった毛もとれます。マイZILもこれで掃除します。

    • unknown より:

      既にお使いでしたかぁ~。ワンちゃん連れの場合は、もはや必携アイテムかもしれませんね~
      ZIL522の場合は、シートが黒なので、毛が目立ちますし(^^;
      私はハンディクリーナーとコロコロを手放せませんw

  3. 亀萬 より:

    毛をためるのも大変ですが、発注から出来上がりまで数年待ちで
    価格もそこそこするのですが、
    今となればやはり作って良かったと思います。
    画像は2体なんですが、もう一体頼んでいてリンが亡くなってしばらくして
    届いたので何だか帰ってきた様な感覚になりました。
    http://v-corderundy.jugem.jp/?eid=57#comments

    • unknown より:

      ブログ拝見しました!クオリティが高いしカワイイですね~。
      しかも、毛を集めるのが、楽しみに変わるのは良いことだと思います!
      それといつかお別れの時が来ても、なんだか側にいるようで、なんとも言えませんね^^
      きっと、リンちゃんが帰ってきたんでしょうね~。うん間違いない!

  4. スマ男 より:

    これまた!同じ道を歩むことになります!
    これ狙ってたのです!(笑
    ちょうど一年遅れで同じ道を歩んでいきそうです(笑
    先ずは、エアサスですね!

    • unknown より:

      おぉ!そうでしたかぁ!これ一台あると何かと便利です^^
      エアサスを先に装着するのは賢明だと思いますよー。

  5. いしまさ より:

    これは無敵アイテムですが、年に数回ロンリー主体の我が家では

    持て余しそうです・・・( ̄▽ ̄;)

    今はブラック&デッカーのハンディクリーナーで凌いでます(笑)

    • unknown より:

      このクリーナーの難点は、高いこと(^^;
      利用頻度が少なければ、そこまで必要ないですね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA