北海道キャラバン2016(3~4日目)

道の駅 三笠を後にして向かった先は、ラベンダーで有名な富良野と、美瑛。宗谷岬に向けて、徐々に北上していきます!

3日目:三笠~富良野~美瑛

ラベンダーイースト

この時期に北海道を周遊するのであれば、やはりラベンダー畑は見ておきたい。っということで、富良野にやってきました。

富良野の観光で有名な場所といえば、「ファーム富田」かと思いますが、そこは観光バスが乗り入れるほど混雑する名所。
でも、静かな景観の中で、ラベンダーを楽しみたい私達は、ラベンダーイーストに足を運びました。

予想通り、開園時の駐車場には5台ほどのクルマしか停まっていません! ですから、ラベンダー畑に最も近い駐車枠にクルマを停めて、ZIL522とのツーショットも撮れちゃいますw

それから、ラベンダーイーストに行ったもう一つの理由が、ラベンダーバスに子供達を乗せること。歩いて景色を楽しむのはもちろんですが、こういった乗り物を加えることで、子供達はより楽しくなれます!

誰もいないテラスでは、風の音や、鳥のさえずりに耳を傾けながら、ラベンダーソフトクリームをペロリ・・・。

見上げれば、火山活動を続ける十勝岳が目前に迫り、その雄大さにしばし、うっとり。

一応、ファーム富田も覗いてみるかと、駐車場エリアまで近づいてみましたが、あまりの混雑ぶりに、そのままスルー。そこからほど近いメロン農家に寄って、甘くて美味しいスイーツを頂き、次の目的地へ向かいましたw

 

青い池

mac OSの壁紙に採用されて、世界的に認知の拡がった場所ですが、実際に足を運ぶのは初めて。真っ昼間の到着だったので、水面が鏡面反射するほどの景観ではありませんでしたが、それでもコバルトブルーの水面は、想像以上に美しかった。

なぜこんな色に変色するのか?っと疑問に思っていますと、近くの案内板にその理由が。上流の温泉地から流れる水と、美瑛川の水が混ざることで、コロイドなる粒子が生成され、それが太陽光によって散乱。なかでも波長の短い青い光が人間の目に到達しやすく、このような色に見えるのだとか。

っということは、時間帯や季節によって、表情が変わるのだと思いますので、この場所は何回か訪れてみたい場所のひとつとなりました!

 

美瑛の丘

ここには、数々の観光スポットがあるので、周遊するプランを立てる方が多いかと思いますが、私も御多分に洩れず、ZIL522でぐるっと回ってきました。

今回は、青い池を経由したので、ぜるぶの丘からスタートです。まず駐車場からすぐの丘には、お花畑があり、色とりどりの花が咲いてまして、その背景にある緑豊かな丘陵や、青空と相まって、とても美しい景観でした。

丘を登った展望台からは、ケンとメリーの木も見えますが、こちらは追って近くまで寄ってみることにします!

続いて、三愛の丘展望公園に移動。これぞ北海道!と言えるパッチワークのような丘が見渡せます。スポットの中ではマイナーな存在なのか、観光客はほとんどいません。でも、静けさの中で、丘を楽しむのであれば、オススメです。

そして、日産スカイラインのCMに使われたことで有名になったとガイドに書いてあった、ケンとメリーの木。ちなみに、私はそのテレビCMを見たことはありませんw とはいえ、だだっ広い丘の上にポツンと植樹された1本の木は、確かに絵になります。

次は、北西の丘展望公園。こちらは、大陸系の訪日客で溢れ返っておりまして、展望台では、我々が、海外旅行しているかのようでしたw

あまり、落ち着いて景色を楽しめる雰囲気ではなかったので、早々に次のスポットである、マイルドセブンの丘に向かいます。

細い道をに進入すれば、写真中央の車が写っている辺りまで寄れますが、ZIL522の大きさだと不安だったので、写真としてはイマイチですが、この位置から撮影しました。また、この頃には子供達が、飽きはじめたので、次へ急ぎますw

最後は、新栄の丘展望公園に立ち寄りました。右奥に見えるのは、先ほど紹介したマイルドセブンの丘ですが、こちらから見たほうが美しい。

ここでは、ブロ友の亀萬さんから、ソフトクリームが絶品だと聞いていましたから、丘の周遊に飽きはじめた子供達にとって、目先のモチベーションになっていましたw
っでそのお味は、確かに濃厚で、特に舌触りが最高! 2つ食べようかと思いましたが、太るので我慢しましたw

本当は、この次に色彩の丘に行く予定でしたが、駐車場待ちのクルマが列を成しており、また駐車枠が極めて狭いので、諦めました。ここは色彩豊かなお花畑、トラクターバスやカートを常設するスポットなので、人気のようです。

 

道の駅 絵本の里けんぶち

この日の休憩地点に到着!ここはドッグランを備えているので、ワンちゃん連れには、おすすめの道の駅です。また、ここ剣淵は、絵本による町おこしに力を注いでいるようで、近隣には絵本だけの図書館があったり、原画の展覧会を催していることから、駅名に絵本の里と入っているのだとか。

お風呂と夕食は、こちらのホテルで済ませました。寂れたホテルかな?っと失礼ながら勝手に想像していたのですが、お風呂もレイクサイドで眺めが良く、また夕食もなかなか美味しかったです。

 

4日目:士別~美深~猿払

羊と雲の丘

道の駅から程近い、士別にあるこちらの施設から4日目がスタート。
晴天なので、停車中もリヤクーラーは付けっぱなしですが、それでも400Wのソーラーパネルが発電するので、電力消費は緩やか!

さて、私達が滞在していた間、観光客はゼロでしたw 夏の時期ということもあって日差しが強く、肝心の羊達は小屋に退避中。その影響もあるのかな?

でも、世界のめん羊館には、沢山の種類の羊が飼育されておりまして、そこでは、餌付けもできちゃいます。我が家は動物好きなので、十分に楽しめましたよ~

せっかくなので、施設内をくまなく散策。もの凄い数の、タンポポが咲き乱れておりまして、歩いて上から見ていると、風になびく花々が、まるで宙に浮いているようで、なんだか心地の良い不思議な感覚でした。

お昼も、こちらの施設でジンギスカン料理を頂きました(ペロリ)

 

トロッコ王国

次は、緑豊かな森林の中にある廃線の上を、トロッコで散策できる施設に訪れました。コースは全長10km。途中には踏み切りや陸橋もあって、あえて安全性に傾倒しすぎない点が、道中の楽しさをアップさせているように思います。

トロッコ自体は小型エンジンで走るので、疲れることはありませんが、線路の継ぎ目や線路の切り替えポイントでは、そこそこ振動するので、そこそこお尻が痛くなりますw

陸橋は徐行して渡ります。アクセル全快ですと、時速25/kmほどの速度がでますが、脱線することもあるようなので、指示には従いましょう!

ここは子供達の評価も上々でしたよ!

 

道の駅 さるふつ公園

トロッコ王国から一気に北上し、稚内の一歩手前、猿払町にやってきました。ここの道の駅は、ホテルさるふつと併設されているので、お風呂や食事も備わっています。温泉はなんと300円。食事も、なかなかでした。さて明日は、いよいよ日本最北の地、稚内です!

つづく・・・。

↓ ↓ ブログ更新の励みになります。ポチっとお願いします! ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. 亀萬 より:

    美瑛の木は近くより遠くで見た方がいいですよね。
    ソフトクリーム濃厚でしょ?(笑)確かに二つくらい食べれそうです。
    丘の周遊。毎年自分も妻に、また行くの?ってよく言われます(笑)

    • unknown より:

      お蔭様で、美味しいソフトクリームを食べることができました!(^^
      宗谷丘陵も素敵でしたが、美瑛の丘も、The北海道の景色なので、
      なんども足を運びたい気持ちがすごくよく分かります!

  2. ナミッキー より:

    北の大地、綺麗な景色に癒やされますね❗
    (^o^)
    無事に楽しんで来られたようで羨ましいなぁ。

    • unknown より:

      はい!かなり癒されて帰ってきました。
      夏の間は北海道で仕事がしたいぐらい、すばらしいところですね~
      ナミッキーさんも、時間を作ってぜひ!

  3. マーノ より:

    モモジルさんから北海道自慢大会オフ?やるよーって連絡来たので、参加お願いします。

    また田代かっ?
    涼しい所でやりたいですね❗

    • unknown より:

      マーノさん、こんばんは!
      ぜひ開催しましょー!
      今のところ、次の予定が入っておらず、悶々としておりましたw
      高原とか、湖の近くとか、とにかく涼しい所に逃れたいですね〜

      • マーノ より:

        北海道自慢大会オフですが、西湖辺りで。と話しがでてます。

        私が来週から青森なので日程によっては参加難しいかも知れませんが、よろしくお願いします。 Mジルさんから連絡があると思います。

  4. いしまさ より:

    3~4日目は大自然満喫コースだったんですね(*^▽^*)

    ラベンダーの紫には圧巻でした!!

    こんな風景を何日も眺めてたら、人生観が変わりそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA